Atlassian Cloud Enterprise for Enterpriseを導入しました。

エンタープライズ・ソフトウェア・プロバイダーのアトラシアンは、新しいライセンス・パッケージをリリースしました。 クラウド企業 を発表しました。wikiソフト「Confluence」、タスク管理ツール「Jira」、ITSMツール「Jira Service Management」をバンドルしたものです。

アトラシアンによると、このソフトウェアの中央管理インターフェイスは、企業にとって特に魅力的なものになるはずだという。ライセンスパッケージのサービスはすべてクラウドを介して提供されるため、特に容易に拡張できると考えられています。 管理者 また、個々の従業員やチームのためのエリアを直接設定することもできます。 データ は他のインスタンスから分離されたままです。起動時には、1インスタンスあたり最大20,000人のユーザーをサポートする。そのため、大企業にも適したソフトウェアパッケージとなっています。

24時間365日対応と短い対応時間でサポート

価格に含まれているのは、Atlassianの24時間365日のサポートで、重要な質問に対して30分以内に最初の回答を提供することになっています。さらに、アトラシアンは99.95%のアップタイムを保証します。これは、月間21分以下の累積サービスダウンタイムに相当します。

データは、お客様のご要望に応じて、欧州連合(EU)または米国のいずれかに保管されます。EUのお客様は、フランクフルトとダブリンのAWSデータセンターからお選びいただけます。アトラシアンはDSGVOに準拠しているだけでなく、SOC-2やISO 27001など、高いデータ保護基準を証明するための認証も取得しています。

新しい管理パネル

アトラシアンクラウドの新しい管理パネルのおかげで 企業 クラウドインスタンスの新規作成、ポリシーの設定や監視、ユーザーの作成や削除など、すべての作業を一元的に行うことができます。

また、「遊び場」では、実際の本番環境に展開する前に新しい機能を試すことができます。クラウドエンタープライズの高い機能範囲が十分でない場合は、お客様はマーケットプレイスを介してサードパーティのプロバイダーから制御された拡張機能を入手することができます。

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画