エトスキャピタルが買収により最大のTLDプロバイダーに

投資家 エトスキャピタル は2020年3月にトップの座を奪われるのを阻止されたドメイン (TLD) .org に失敗しました。によると コミュニケーション の会社であるEthos Capitalは、それにもかかわらず、今では最大のTLD-のプロバイダ になってしまった。一方、Donuts Inc.は、2020年末に米Afilias社がTLD市場で2位になっただけである。

エトスキャピタルが買収に支払った価格は公開されていません。オルグレジPIRは11億3,500万ドルのはずだった。そのため、Donuts Inc.の買収成功も億単位で行われた可能性が高い。

イーソス・キャピタルは、.orgのレジストリを購入するために、元ICANNの従業員が明示的に設立したのはつい最近のことです。今回の投資により、同社は約450のTLDのポートフォリオを有しています。

エソス・キャピタルによる更なる買収

エトス・キャピタルの広報担当者によると、同社は現在、自社の成長に主眼を置いているが、"買収による更なる成長の機会にも目を向けている "という。

ライバルであるユニレジストリーが、そのような機会がすぐにやってくるかもしれません。 コミュニケーション によると、その TLD は早くても 4 月に販売される予定です。を介して個別に行われます。 オークション.将来的には、UniregistryはTLDを脱却してバックエンドシステムに注力したいと考えています。 アイピー-コンサルティング間もなくオークションにかけられるTLDSの中には、.audioと.hivがあります。業界誌によると ドメインインサイト ...約1,700万ドルをもたらすために。

ドメインの値段が高い?

業界の専門家によると、将来的にはTLD市場のさらなる統合により、小売価格が大幅に上昇する可能性があるという。

市場は、一般的なインターネットのトレンドである「サイズの問題」を踏襲しています。小規模なプロバイダーはニッチに依存しており、成功したニッチを占拠すれば、どこかのタイミングで買い占められることになるでしょう。

ドイツの登録機関Global Villageの責任者であるMarcus Fauré氏

しかし、他の業界の声としては、レジストラ協議会(CORE)のWerner Staub氏を含め、Ethos Capitalの成長をポジティブに捉えている。Staub氏によると、後者はその規模の大きさからICANNに影響力を持ちすぎているという。

また、キャピタルドメイン.berlinのマネージングディレクターであるKatrin Ohlmer氏は、Ethos Capitalの投資を業界にとってポジティブなものと捉えています。

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画