クリスマスシーズンの偽装店 - 詐欺師に注意

クリスマスシーズンの偽装店 - 詐欺師に注意!

ホリデーシーズンは、オンライン商取引にとって真の恵みであり、ほとんどのオンライン小売業者の売上は飛躍的に増加しています。予想外のお金の恵みは、残念ながら詐欺師を引き寄せることにもなります。彼らは、商品が提供されているにもかかわらず配達されない偽のオンラインショップを作ることが増えています。お客様は、特に魅力的なオファーがあるオンラインショップをよく見るべきです。

クリスマスは浮気の時間です - 誘惑的なオファーにご用心!

クリスマスシーズンになると、詐欺師はクリスマスボーナスから顧客を騙し取ろうとします。この目的のために、オンラインショップは、明らかに安いオファーを含む作成されています。オープンソースのソフトウェアのおかげで、オンラインショップの作成はプロのように簡単です。製品のテキストと は数分でコピーすることができます - 一見すると偽物のお店は非常に信頼できるように見えます。価格に敏感な消費者は、疑惑のプライスクランチャーに目がくらみ、苦労して稼いだお金を躊躇なく海外口座に振り込むのが好きです。注文した商品を待つのは拷問になる--しかし、多くの場合、クリスマスイブになっても、クリスマスツリーの下には商品がない。

偽物のお店を見分けて避ける

多くの偽物店は、純粋に視覚的に真面目なオンライントレーダーと区別することはできません。盗まれた製品のテキストと画像は、他の部分と同じようにリアルに見えます。 ショップ - 細部にどれだけ気を配ったかにもよりますが偽装店の可能性があるのは、機能していないホットラインや英語のフレーズです。明らかな手がかりは、明らかに翻訳プログラムからコピーされた稚拙なテキストです。おそらく偽物店の一番の目印は、非現実的な価格であることです。同程度の業者の何倍も安く提供されている商品は、あまりにもお得です。もう一つの手掛かりは 誤植である可能性があります偽物のお店では、支払い方法はあまり対応していません。論理的には、これらは修正する必要はありません。そのため、偽物店の運営者はクレジットカードに頼ることを好んでいます。

身分偽装

偽物店の運営者は、法執行機関のアクセスを避けるために身元を偽装しています。登録サービスは、主に他のヨーロッパ諸国、米国のホスターに位置しています。外国の偽物店を通報しても、ほとんどの場合は無駄です。このケースは、海外のエージェントに英語で苦心して説明しなければなりません。これが成功したとしても、現地の当局は通常、ドイツの法的状況についての知識が不足している。偽物店対策は総合的な予防が一番です。検索エンジンを利用して、他のユーザーからすでに偽物のオンラインショップと認識されているかどうかを確認してみましょう。TrustedShopsなどのテストシールでは、オンラインショップの本気度を知ることができます。そのようなPayPalなどの支払いサービスプロバイダは、あなたが詐欺のイベントであなたのお金を取り戻すように、包括的な買い手の保護を提供しています。ネットショップの運営者は、それらを総合的に保護する必要があります。詐欺師が多い ホスト オンラインショップだけでなく、評判の良いプロバイダーをハッキングしようとすると、製品の範囲は、その後、とんでもない価格で提供され、入金されたお金は、外国の口座に流用されます。ネットショップのオーナーが被害に遭う。彼はすべての購入を反転させ、彼の不満な顧客基盤を処理しなければなりません。プロバイダーは、SSL暗号化とドメイン名のWhoisの詳細にある正しい情報にもっと注意を払う必要があります - 顧客は、オンラインショップの信頼性と信頼性を確認するために、これをより頻繁にチェックするようになります。

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画