コンテンツ管理システムとは?

コンテンツ管理システムの人気が高まっています。当たり前のことですが、グラフィカルなインターフェイスと多数のプラグインのおかげで、ユーザーは高度な使いやすさ、豊富な機能、そして優れた結果の恩恵を受けることができます。コンテンツ管理システムはプログラミングのスキルを必要とせず、今後ますます重要になってくるでしょう。コンテンツ管理システムの基本機能やメリットを解説します。

コンテンツ管理システムとは?

コンテンツマネジメントシステム(CMS)とは、コンテンツをまとめて作成・編集・整理できるソフトウェアのことを指します。コンテンツ管理システムは、主にウェブショップやブログ、インターネット上でのプレゼンスを確立するために使用されます。コンテンツ管理システムは、比較的少ないプログラミングやHTMLの知識で運用できるというメリットがあります。ほとんどのシステムには、グラフィカルなユーザーインターフェースが搭載されており、簡単に操作できるようになっています。コンテンツ管理システムは、複数のユーザーが操作できるように設計されています。これらに異なるアクセス権を付与することで、高度なセキュリティが保証されています。CMSでのデータ管理は、メディアニュートラルを意識した設計になっています。必要に応じて、コンテンツはHTMLまたはPDF文書として取得することができます - これらのフォーマットは、クエリの後にシステムのデータベースから生成されます。おそらく最もよく知られているコンテンツ管理システム(オープンソース)は、WordPress、Drupal、Joomlaです。ドイツ語圏では主にTYPO3が使われています。

コンテンツ管理システムのメリット

コンテンツ管理システムというよりは、ウェブコンテンツ管理システムと言うべきでしょうが、主にウェブサイトを作成するシステムにはCMSという言葉が使われています。コンテンツマネジメントシステムとは、Webサイトの作成・維持管理のために開発されたソフトウェアアプリケーションです。CMSを運用するためには、Webサーバーにインストールする、つまりWebホストにアップロードする必要があります。そして、WebhosterのサーバーにCMSをインストールします。プログラミングは必要ありません - 変更はグラフィカルユーザーインターフェースを介して簡単に実装できます。コンテンツ管理システムは、ワープロプログラムに例えることができます。ユーザーはプログラミングの知識を必要とせず、いくつかの簡単な手順で自分のウェブサイトやブログを維持することができます。コンテンツ管理システムでは、基本的にWebサイトのレイアウトとコンテンツは分離されています。レイアウトはテンプレートやテンプレートによってCMSに接続され、全ページで利用できるようになっています。サイトのレイアウトの変更は、コンテンツと切り離すことでかなり楽になります。新しいロゴなどが統合されるとすぐに、テンプレート内で一元的に定義することができ、つまり、個別のページに統合する必要はありません。ウェブサイトに新しいサブページや記事が追加されるとすぐに、ワンクリックでナビゲーションを調整することができます。サブページの手動調整は不要です。コンテンツとレイアウトを分離することで、すべての個々のページが統一されたフレームで表示されるようになります。これは、ホームページの認知度アップにつながります。コンテンツ管理システムの使いやすさは非常に高く、レイアウトとコンテンツが分離されているため、ユーザーはコンテンツの作成に集中することができ、ページのテキストやナビゲーション要素などがホームページのデザインに自動的に適応します。取り扱いが簡単なため、プログラミングの知識がなくても、事実上誰でもホームページやブログを作成し、メンテナンスすることができます。

財務面でのメリットと多彩な機能

データベースの内容は、コンテンツ管理システムで簡単に管理することができます。テキスト、グラフィック、リンク、ドキュメントは、CMSを介してライブラリやデータベースに保存されます。コンテンツ管理システムを利用することで、Webサイト運営者が独自にサイトの保守・更新を行うことが可能になります。コンテンツは、外部のサービスプロバイダを使用することなく、必要に応じて変更・拡張することができます。時間と財源の節約にもなりますし、個々のアイデアに合わせてホームページを構築することができます。コンテンツ管理システムは、レスポンシブデザインを自動的に作成します。つまり、作成されたコンテンツは、ラップトップ、スマートフォン、タブレットなどのすべての端末に正しく表示されます。ブログなどのソーシャルメディアサイトは、ユーザーの統合が可能なのが特徴です。ユーザーはコメントを書いたり、ゲストブックのエントリーを残したりすることができます。コンテンツ管理システムは、コメント機能を効率的に提供・管理することができます。コンテンツ管理システムでは、互いに独立して行動する複数のウェブサイトを構築することができます。プラグインを使用することで、CMSの機能を個別に拡張することができ、高いパーソナライズ性が得られます。CMSはスクリプト言語で書かれているため、プラットフォームに依存しません。そのため、コンテンツ管理システムは、Apache、nginx、IISのようなほとんどのウェブサーバーで処理することができます。

コンテンツ管理システムの未来

コンテンツ管理システムにより、ウェブサイトの公開やメンテナンスが容易になりました。高性能を確保するために、コンテンツ管理システムは通常、ウェブホストのサーバーに格納されています。今後、CMSの利用が増えていくでしょう。プログラミングのスキルを持っていない人がかなりの割合を占めていますが、ブログやホームページ、ネットショップの開設は、民間や商業の現場でも重要性が高まっているため、コンテンツ管理システムはますます拡大していくでしょう。この展開は今日すでに予見されています。

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画