ドイツのデータセンターの立地には平凡な評価

その「。データセンター・ロケーション・インデックス 2021"コンサルティング会社のArcadis社が発表した「ドイツのデータセンター運営のためのフレームワーク環境は平凡である」という結論に達しました。欧州におけるデータ需要の高さを背景に、ドイツは経済的観点から見ても、中欧におけるデータセンターの最も魅力的な立地の一つとなっています。

Insgesamt haben die Analysten die Standortbedingungen in aufstrebenden und bereits etablierten IT-Nationen untersucht. Führend sind im Ranking die U.S.A., gefolgt von Singapur und Japan. Ebenfalls in den Top10 liegen Schweden, Norwegen, Dänemark, die Vereinigten Arabischen Emirate, Finnland, Frankreich und die Schweiz. ドイツ と共にある。 ポジション26 英国(13)、ルクセンブルグ(17)、オランダ(19)、ポーランド(20)、エストニア(23)、オーストリア(24)、ロシア(25)に次いで、アイルランド(28)、リトアニア(29)、スペイン(30)、イタリア(31)、ベルギー(32)、アイスランド(36)、ポルトガル(37)、チェコ(38)を上回りました。

Bewertet wurden die Standorte nach den Art und Kosten der Stromversorgung, der allgemeinen Verlässlichkeit, der Dauer von Genehmigungsprozessen, der Cybersicherheit und den Vorschriften zum Datenschutz sowie dem Schutz der Privatsphäre. Einbezogen wurden außerdem die Betriebskosten, mögliche Umweltfolgen und staatliche Förderungen.

ドイツのインフラと政策を語る

アルカディス社によると、政治的・法的な側面や、充実したインフラは、立地としてドイツを支持するポジティブな要因となっています。さらに、国内需要の高さと既存の重要なアプリケーションにより、データに対する高いローカル需要が確保されています。アナリストは、安定した電力供給、モバイルブロードバンドの利用率の高さ、再生可能エネルギーの割合の増加などもプラスポイントとして挙げており、2020年のドイツでは初めて 50%超過 を持っています。エネルギー需要が高いことから、データセンター事業者は、「責任あるプロバイダー」としての評価を維持するために、再生可能エネルギーを求める傾向が強くなっています。

ドイツにとってのデメリットは、官僚主義が強く、結果として承認プロセスに非常に時間がかかることと、要求事項が高いことです。現在、ドイツのデータセンターの大半は、まだフランクフルト・アム・マインにあります。また、ここには世界最大のインターネットノード「De-Cix」があり、平均データ量は6TBit/sに達します。しかし、ドイツでは、代替の冷却方法や再生エネルギーを提供する代替地の重要性が高まっています。その一例として CO2を排出しないWindcloudデータセンター ドイツ北部の

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画