写真集は必要ですか?絶対に!

たまに押し入れから取り出して、家族や友人と一緒に見ている昔の写真集は誰もが知っています。これらのアルバムには、撮影・現像された実物の写真が収録されており、ストーリーを物語っています。最近では写真がデジタルでしか撮れなくなってきているため、この文化的な手法とそれに関連した伝統的な写真集は消滅の危機に瀕しています。なぜなら、実際には ほとんどの人は自分の写真を現像したり印刷したりしていないし、これらの写真は事実上存在しているだけなので、空の本に貼り付けることができます。結果として生まれたこのニッチは、数年前にはすでにすべての消費者が新製品で埋め尽くされていました。 インディペンデント を注文することができます。写真集はネット上の印刷会社から送られてくることがほとんどで、自分の写真が現実のものとなるように工夫されています。パソコンの画面でも写真を見ることができるので、なぜこのような商品が必要なのでしょうか?簡単に言えば、フォトブックとは、厳選された写真や思い出を集めた個人的なコレクションであり、それらの写真が私たちにとってどれほど価値のあるものであるかを示しています。また、写真集はプレゼントにも最適です。

デジタル印刷されたフォトブックは、あなたの写真を紹介する現代的な方法です。

写真集は、私たちの手に何かを持たせてくれる実物です。なぜなら、写真やフォトアルバムのこの側面は無視できないからです。昔も数年前までは、写真を手に取って、少人数で友達と一緒に見るのが当たり前だったし、コメントをしたり、単純に表示されている写真の裏にどんなストーリーがあるのかを伝えるのが当たり前になっていました。写真のほとんどは今ではネット上で、ハードディスクに保存されていたり、スマホで持ち歩いたりしています。社会的な側面が薄れてきた。ソーシャルネットワークでは、例えば友人や知人の写真を見ても、その瞬間には存在していない。まだまだ上の世代には想像もつかないようなことが、今の多くの人にとってはごく普通のことなのです。しかし、それは写真や家族の思い出も価値を失ってしまったことを意味しています。数が多すぎて、どこかのデータ保存装置に保存されているからです。

自分の絵を世界に持ち込むフォトブックは実物であり、バーチャルなアルバムではない

しかし、デジカメやスマホで撮影した写真シリーズの多くは、小さな画面だけではなく、違う場所や見せ方を求めてしまいます。だからこそ、自宅にいながらにして気楽に作れる現代の写真集があり、多くの人が幼い頃を今でも鮮明に覚えている写真集をアップデートしたものです。テクニックは基本的には同じで、お気に入りの写真を選んだり、順番を作ったり、ページ上の写真の配置を変えたり、レイアウトを選んだり、メモやメッセージを追加したり、いろいろなことができます。また、画質も非常に高く、ほとんどのカメラやスマートフォンはこのようなアルバム用の写真を撮るのに非常に適しています。写真集が重要なのは、ポイントを提供してくれるからであり、本当にそこにあるからです。なぜなら、家族最後の休日に撮った最高の写真をまとめた本と、友達と一緒に見られる本は、写真が殺到するフラットスクリーンとは違うからです。原則として、写真集に反論するようなことはありません。指先に自分の写真の思い出を持ちたいから、少なくとも今日の写真集を印刷している無数の業者のユーザーはそう言っていますし、私たちは彼らが正しいと考えています。

[su_youtube_advanced url="https://www.youtube.com/watch?v=kqKL5ilCg64&list=PL_g5rilBm5WXqk9J755LBUCYBowdsc7DL" playlist="PL_g5rilBm5WXqk9J755LBUCYBowdsc7DL" autohide="no" rel="no" テーマ="light" https="yes"]

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画