仮想サーバーを理解する

仮想サーバーは、vServersとも呼ばれ、特定のホスティングアプリケーションのための非常に良いオプションです。バーチャルという言葉が意味するように、実際には「本物の」サーバーではなく、メインサーバーを経由して実行されるソフトウェアの一部です。そこで仮想サーバーをリアルサーバーのように設定することができるわけです。もちろん、各仮想サーバーも独自のIPを取得します。
想定される用途とそのメリット・デメリットは以下の通りです。

別荘のマンションのような仮想サーバー

仮想サーバーは20年以上前からホスティングに使われてきましたが、驚くべきことに、いまだに目新しいものとしての地位を確立しています。今だけは、彼らはより多くのホスティングユーザーの大きなコミュニティの焦点に移動しています。
以下の図は、仮想サーバーの考え方を理解するのに役立つはずです。
メインサーバーは大きな別荘です。ヴィラでは、シングルアパートを借りることができます。各アパートにはアクセス、メールボックス、ドアベルがあります。仮想サーバーとの関係では、これを意味します。
- 自前のOS
- 別口
- べつアイピー

すべてのアパートメントは、ホスティングのための基本モジュールとしてメインサーバーを共有しています。このメインサーバーのサブレットは、様々な可能性を提供します。そのため、非常に異なる古いプログラムや、異なるオペレーティングシステムを実行することができます。それにもかかわらず、高いレベルのセキュリティが維持されています。仮想サーバーは非常に独立しているため、メインサーバーが外部からのアクセスから保護されているのと同様に、サーバー内のアクセスに対しても比較的十分に保護されています。
仮想サーバーを使用することで、運用中の変動性が大きくなります。大きなダウンタイムはありません。ハードウェアの問題の可能性も、十分な空き容量があれば、非常に迅速に回避できます。ランニングプログラムは、単純に新しい無料のアパートを割り当てられ、すぐに再び稼働します。一方、一時的に空っぽになった元フラットでは、ハードの故障問題を平穏に対処することができます。
結局、今では当たり前のようになっているクラウドを作り、利用するための基盤となったのは、仮想サーバーの技術だったのです。

仮想サーバーによるホスティングの利点

仮想サーバーを利用することで、データセンターを小さくすることができます。機械が少ないということは、ケーブルが少なく、最終的には床面積が広くなるということです。消費電力が少なくなり、データセンターの発熱も少なくなります。
しかし、データセンター内に空きが出そうなサーバースペースがあれば、それを利用することも可能です。無料サーバーで小規模なテストセンターを設置することができます。新しいツールやプログラムを観察し、平和で静かな中で最適化することができ、最悪の場合は自分を撃ち落としてシステム全体を破壊することはありません。
仮想サーバーの導入はとても簡単です。そうでなければ、複雑で時間のかかるリクエストを新しいサーバーに送らなければなりません。これに対して、新しい仮想サーバーの設定は数分で完了します。
しかし、時代遅れのアプリケーションはどうでしょうか?これらは、今日ではどこにでもあります:個人、中小企業、超大企業など。ここでの朗報です。高額で購入したり、手間暇かけて開発したこれらのシステムには、通常、特別なハードウェアや、昔から親しまれているOSが必要になります。しかし、仮想サーバーは、これらの恐竜たちに、まさに必要な環境が整っていると思わせます。そのため、そのような時代遅れのアプリケーションは、何の問題もなく実行し続けることができます。
すでに述べたように、仮想サーバーなしではクラウド技術は考えられません。
これだけ褒められているのに、仮想サーバーを使いたいと思っている人は、考えられるマイナスの影響についても考えておくべきです。

ホスティングにおける仮想サーバーとそのデメリット

まず、パフォーマンスの問題ですが、仮想サーバーには十分なサーバースペースが必要です。これがなく、まず購入しなければならない場合は、高額な投資となります。これはまだ意味がありますが、次元で考慮しなければなりません。
ライセンシングの問題が発生した場合、どのように対処するかを明確にすることも同様に重要です。面倒だけど必要なことです。
それは、あなた自身や既存のサーバーの潜在的な可能性を検討したり、投資のためのものであることです。 帯域幅 はホスティングのために十分に大きくなければなりません。これが考慮されていない場合、仮想サーバーはすぐに遅くなります:彼らは速度を低下させ、さらに「ラインを詰まらせる」ことができます。
仮想化は、十分な次元のデスクトップコンピュータ上で実行される場合にのみ、感覚的に管理・制御することができます。これは、自分で素早く介入し、管理し、コントロールすることができるというメリットがあるからです。
すでに述べた仮想サーバーのパフォーマンスの限界のために、特にメモリやグラフィックのために多くのスペースを必要とするプログラムは、仮想サーバーを介してホストするのに適していない可能性があります。これは特にマルチメディア、複雑なゲーム、あるいは大規模な計算プログラムに当てはまり、別の解決策を見つける必要があるかもしれません。

仮想サーバーの恩恵を受けるのは誰か - 小さな結論

考えられる結果に関わらず、仮想サーバーを使用する際には、価格性能比が適正であることが重要です。対応や可否に気を配ることは、スムーズな運用には欠かせません。サーバのダウンタイムを1%表示しても構わないが、これは通常の保守作業時間に相当する。
仮想サーバーから始める場合は、10ギガバイトの可能性のあるトラフィックの初期パッケージを利用すると良いでしょう。アップグレードが可能であれば、必要に応じて後からでも問題なく使用できます。
設定情報の話になると データ 追加サービスを提供したり、独自のドメインサーバーや 電子メール-サーバ自体は、仮想サーバが理想的です。場所が違ってもアクセスが簡単で便利です。
価格を比較することは、いつでも役に立ちます。しかし、低価格帯のオファーでは、十分で確実なサポートという側面を特に精査する必要があります。

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画