ウィンドクラウドサーバ - 藻場を備えたCO2陽性データセンター

によると ZDF すべての航空交通量と同じくらいのCO2イノベーションと持続可能性のためのボーダーステップ研究所の研究によると、排出量は今後10年で2倍になる可能性があるという。そのため、企業はデータセンターをより気候に優しい方法で運用することを求めるようになってきています。

その一例として、北フリジアのコミュニティであるエンゲサンデでCO2を排出するデータセンターを運営しているWindcloud社があります。によると ファズ その サーバー とデータセンターの冷却は、北海の洋上風力発電所で発電された電力で98%を賄っています。残りの電気はガスと太陽光で占められています。

風雲が大気中のCO2を除去する

データセンターは、サーバーの1階に設置された温室で微細藻類を培養することで、CO2を排出しています。冬場はサーバーからの排熱で必要な34℃を実現し、夏場は冷却システムからの気流で直射日光を浴びても温度が上がりすぎないようにしています。

藻類は週に1~2回、ノバグリーンという会社で収穫され、加工してサプリメントの原料として食品業界に販売しています。

地域暖房の代替

他のデータセンターでは、廃熱を暖房エネルギーとして販売していることが多いです。ただし、これは地域暖房ネットワークが発達している地域に限ります。また、サーバーコンポーネントの複雑な水冷も可能で、ほとんど大規模なデータセンターでしか使用されていません。多くのデータセンターでは、貴重な熱エネルギーが環境で使われずに「蒸発してしまう」のです。

ウィンドクラウドのもう一つの利点は、廃熱を地域暖房ネットワークに供給すると年間数ヶ月しか使用できないのに対し、エネルギーを一年中使用できることです。ウィンドクラウドの藻類農場プロジェクトの費用を増加させる欠点は、冬に追加のUV光源と温室の追加のメンテナンスとスペース要件の必要性です。

サーバーキャビネット30台のフィージビリティスタディ

ウィンドクラウドによると、エンゲサンデにある比較的小規模なデータセンターでは、30台のサーバーキャビネットしかないため、主にコンセプトの実現可能性の研究に役立っているという。Dell EMCと一緒に、このアイデアを産業規模でスケールアップすることが可能になりました。

このため、北フリシアのブラムシュテットルンドには、消費電力1メガワットのデータセンターが計画されています。このため、データセンターを継続的に使用する場合、年間8760メガワットの時間が必要となります。

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画