ドイツGigaNetzで1GB/sが29.90ユーロから

Deutsche GigaNetz GmbHという会社は 投資 FTTH(Fiber-to-the-homepage)の拡大のために、最大30億ユーロの資金を提供します。この拡張工事には、英国のインフラ投資家であるInfrared Capital Partnersが出資しており、同社はカナダの保険グループであるSunlifeが所有しています。

昨年設立されたDeutsche Giganetz GmbHは、光ファイバーや通信市場で長年の経験を持つ専門家で構成されたチームで運営されています。

フランク・ウィティヒ=ベッカー

Mynet 1.000」(ダウンロード:1,000Mbit/s、アップロード:500Mbit/s)は、電話定額(2回線)と無線LANルーター「Fritzbox 7530」を含めて、最初の12ヶ月間は29.99ユーロ、13ヶ月目からは通常料金の74.90ユーロでご提供します。契約期間が24ヶ月の場合、個人顧客の平均月額料金は52.40ユーロとなります。

多数のパイロット地域での展開

ドイツ・ギガネッツは、ドイツテレコムと同様に、主に人口密度の高い地域に集中して展開しています。この夏、ヘッセン州とバーデン・ヴュルテンベルク州のいくつかの自治体で」展開を開始します。なお、出資金の使途については、現時点では未定です。これは何よりも、促進された地域ではなく、利用可能な独自の経済によって決定されるべきものです。しかし、構造的に脆弱な地域などでは、原則として補助金付きの契約も受けることになります。

FTTHの価格競争

ドイツでは光ファイバーの普及が遅れており、競争が激化しています。これにより、可用性が向上するだけでなく、これまで非常に高価だったFTTH接続の価格競争が起こり、大衆にとっても光ファイバーが興味深いものとなります。

マイン・タウバー地区の地区管理者であるラインハルト・フランク氏は、次のように語っています。 フランキッシュニュース現在、3社が商業展開に興味を示してくれていることを嬉しく思います。その中で、Breitbandversorgung Deutschland、Deutsche Glasfaser、Deutsche Giganetzという会社が興味を示しています。"

Deutsche GigaNetzの競合他社には、ドイツテレコムが"光ファイバーでナンバーワン"になり、特にテレフォニカは先日、同ネットワーク事業者は、GBit/sの新料金プラン「O2 my Home XXL」(下り1,000Mbit/s、上り500Mbit/s)の月額料金を69.99ユーロにすると発表しました。また、「O2 my Home XL XXL」(ダウンロード250Mbit/s、アップロード125Mbit/s)を34.99ユーロで、「O2 my Home L XXL」(ダウンロード100Mbit/s、アップロード40Mbit/s)を24.99ユーロで提供します。この拡張工事には、アリアンツとテレフォニカが出資する合弁会社「Unsere Grüne Glasfaser」(UGG)が資金を提供しています。

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画