AWSクラウドはカオスエンジニアリングをサービスとして取得

アマゾン Webサービス(AWS)は先日 フォールトインジェクションシミュレータ のお客様が受けられました。 オープンクラウド は2021年から使えるようになります。において、顧客の要求に応じて重度の故障を発生させます。 クラウド お客様のこれにより、自前のインフラの弱点を把握しやすくなり、適切な対策を練ることができるようになるはずです。

"これにより、チームは大規模なアプリケーションの脆弱性を容易に特定し、パフォーマンス、監視性、耐障害性を向上させることができます。"

アマゾン

大手顧客向けカオスエンジニアリング

業界では、このプロセスは「カオス工学」と呼ばれています。クラウドの主な顧客ホスターこのアプローチは、例えばNetflixをはじめとする自社でシステムを管理している企業が、自社のインフラを改善するために古くから利用されてきました。アマゾンは、カオスエンジニアリングのアプローチをサービスとして利用して、中小企業が緊急時のケースをテストできるようにしたいと考えています。例えば、このツールを使用してデータベースをオフラインにしたり、人工的な負荷ピークを作成したりすることができます。

"カオスエンジニアリングとは、サーバーの障害やAPIのスロットリングなどの破壊的なイベントを発生させ、システムの反応を観察し、改善を実施することで、テスト環境や本番環境でアプリケーションにストレスを与えるプロセスのことです。カオスエンジニアリングは、チームが隠れた問題を発見したり、分散システムでは見つけにくい盲点やパフォーマンスのボトルネックを監視したりするために必要な実世界の条件を作り出すのを支援します。"

アマゾン

Amazonによると、EC2、EKS、ECS、RDSのサービスでは、サービスとしての各種カオスエンジニアリング機能を利用できるという。

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画