ウェブホスティング

Imunify360は、PHPの障害を引き起こす

Pleskサーバ上のimunify360の自動アップデートでphp機能に問題が発生する

自動 更新情報 は、システムを最新の状態に保つために便利で必要なことが多いです。このため、ソフトウェアパッケージは自動的にサーバーにインストールされ、更新されます。のImunify360セキュリティパッケージにも適用されます。 プレスク サーバーです。

19.11以降、いくつかのパッケージが別のバージョンにアップデートされています。これは、明らかに、その事実を導くものであり、その上で サーバー その 胡麻化す プロセスを短時間でスケジュールすることができます。

自分が影響を受けているかどうかは、どうやって判断すればいいのでしょうか?

この問題は、エラーログのエラーメッセージや、より長いスクリプト実行時間で503のエラーメッセージで呼び出しが終了したり、インターネルサーバのエラーが発生したりすることで気づくことができます。

一番手っ取り早い方法は、PleskサーバーにPhpバージョン7.3を使用しているWebmailを使用することです。ログインした直後に内部サーバーエラーが発生しますが、これは何度か呼び出すことでスキップできます。

Error_logに表示

ウェブメールのログインで データ から イマップ 私書箱、少し時間がかかります。通常の ウェブサイト 呼び出しはミリ秒単位でのphp呼び出しなので、すぐには問題は出てきません。

を使用する際にも ワードプレス 例えば、他のサーバーのデザインテンプレートを含める場合や をアップロードするとアボートになる可能性があります。

どうやって問題を解決するのか?

残念ながら、古いバージョンを復元するなどして問題を解決することはできませんでした。imunify360をアンインストールしても、php エラー は排除されていません。

しかし、解決策は比較的簡単です。

imunify360-ロゴ

ステップ1: Imunify360をアンインストール

以下のコマンドでImunify360デプロイスクリプトをダウンロードし、imunify360をアンインストールすることができます。

wget https://repo.imunify360.cloudlinux.com/defence360/i360deploy.sh

bash i360deploy.sh -uninstall

プロセスには時間がかかります。 ドメイン はここで処理されます。100ドメインで約15分。

ステップ2:Imunify360をインストール

imunify360が完全に無効化されている場合は、以下のコマンドで簡単に再インストールできます。

bash 360deploy.sh

その後、Plesk メニューでライセンスキーを再度有効化する必要があります。そうすると、またphpのエラーメッセージが消えてしまいます。

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画