Plesk php サービス修復 - サービスが一時的に利用できなくなる

異なるドメインを複数持っている場合 胡麻化す 上のバージョン プレスク サーバーでは、Plesk 側でのファイル作成の不具合による問題が発生することがあります。

ドメインの所有者は、例えば以下のようなウェブサイトを呼び出す際のエラーメッセージを見ることになります。

 クラス
サービスの不具合によるWebサーバーのエラーメッセージ

エラーの原因

このメッセージの原因は、この場合はphp-fpmサービスが起動しておらず、設定ファイルに欠陥があるために再起動できません。これらのファイルは Plesk サービスによって管理されています。削除されていなかったり、正しく作成されていなかったりすることがあります。その場合は インディペンデント 行動を起こし、問題を修正します。

エラーの発見と修正

このような場合には、間違いがすぐに見つかります。エラーログはサービスごとに書かれており、問題点が表示されることが多いです。

この例では、php-fpmサービスのログファイルの検索に行くだけです。ユーザーのphpのバージョンがわかれば、サービスのログを直接調べるだけでOKです。あるいは、すべてのサービスを一度にチェックしてバグを修正することもできます。

Centos7での例。

tail -f /var/log/plesk-php56-fpm/error.log

[07-Jun-2019 09:40:15] ERROR: An another FPM instance seems to listen already on /var/www/vhosts/system/ihrefirma.de/php-fpm.sock.

[07-Jun-2019 09:40:15] ERROR: FPMの初期化に失敗しました。

これは基本的に、ドメイン ihrefirma.de が明らかに異なる php-fpm 設定で読み込まれたことを意味します。この場合、Plesk は元の設定ファイルを削除することができませんでした。php-fpm サービスを再起動できません。

問題の解決方法

サーバーのphp-fpmの設定から壊れたファイルを削除します。

Centos7 の例。

rm -rf /opt/plesk/php/5.6/etc/php-fpm.d/ihrefirma.de.conf

その後、欠陥サービスのエラーログに直接再起動が成功したことが表示されるはずです。

tail -f /var/log/plesk-php56-fpm/error.log

[07-Jun-2019 09:42:04] NOTICE: fpm is running, pid 120959

[07-Jun-2019 09:42:04] NOTICE: 接続を処理する準備ができています。

07-Jun-2019 09:42:04] NOTICE: systemd モニタ間隔が 10000ms に設定されました。

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画