T-Systemsはクラウドに注力

ドイツテレコムの子会社であるT-Systems社は、新製品の開発に向けた準備を進めています。 コミュニケーション に焦点を当てた事業を展開していくことになります。 クラウド.この目的のために、T-Systemsは、特に以下のようなことを行います。 オープンテレコムクラウド は、Huawei社と提携して運営している。クラウドサービスの拡大に3桁の金額を投資している。

すべてがクラウド化しています。その技術は、もはやコンピュータを操作することではなく、高度に自動化されたインフラにおける作業プロセスをインテリジェントにマッピングすることです。 クラウドコンピューティング という名前を付けています。私たちは一貫してこの方向性を目指しています。

Adel Al-Saleh、ドイツテレコム取締役会メンバー兼T-Systems CEO

また、ここ数ヶ月でT-Systemsは、AmazonやGoogleとの提携を拡大しており マイクロソフト を拡張しました。お客様は、Amazon AWS、Microsoft Azure、Google Cloudをベースにしたクラウド製品をT-Systemsと直接予約できるようになりました。T-Systemsは、マルチクラウドのランドスケープの管理と課金を引き受けることになります。

5,000人のクラウドスペシャリストが新たに登場

同社によると、T-Systemsではすでに3000人のクラウドアーキテクトやエキスパートが働いているという。サービスプロバイダーは、近い将来、クラウドのスペシャリストになるために、さらに5,000人の従業員を育成したいと考えています。

華為との提携

中国やアフリカでは、Huaweiは独立したクラウドプロバイダーとして自社のデータセンターを運営している。ドイツを含む他の市場では、中国のネットワーク機器プロバイダーは、ドイツテレコムなどの現地通信会社と提携している。HuaweiはOpen Telekom Cloudに技術を提供し、その見返りとして収益の一部を受け取る。

しかし、Huaweiとの連携は自社製品だからこそのエコシステムの核心です。

T-Systems International デジタル部門マネージングディレクター Anette Bronder氏

デジタルの今を加速する

T-Systemsが提供する新しいクラウドの詳細は、2021年2月16日と17日に開催される今年最大のデジタル顧客向けイベント「Accelerate Digital Now」で初めて公開される。

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画