税務署は納税者からインターネットドメインを差し押さえる可能性があります。

多くのドメイン所有者は、自分のインターネットドメインは第三者のアクセスから保護されていると考えています。しかし、多くの場合、ドメインの差し押さえが認められています。この見解は、2015年9月16日にミュンスター財務裁判所によって承認されました。税務署は、ドメイン契約の債権を差し押さえることで、滞納している税金を差押えすることができます。本件では、インターネットドメインの登録を担当する協同組合が、顧客の債権を差し押さえようとする税務署を相手に訴訟を起こしていました。この判決は、インターネットが無法地帯ではないこと、そして「仮想的な」請求権は実際に差し押さえることができることを改めて明確にしている。税務署によるドメイン差し押さえは可能 デフォルトの納税者は、その[...]を処理する必要があります。

ドメインを登録する際に考慮しなければならないことは?

ドメインを登録したり購入したりする際には、考慮すべき特徴があります。想定される法的な結果を詳細に取り扱わない場合は、警告や損害賠償請求を期待しなければならないかもしれません。適切なドメインを選択する際には、検索エンジン最適化、マーケティング、法的セキュリティなどのポイントを考慮する必要があります。法的保護のための代表的な間違いや方法をお伝えします。ドメイン登録のガイドライン オンラインショップを運営したり、インターネット上でのプレゼンスを確立したいと考えている人は誰でも、多くの問題に注意を払わなければなりません。ドメインの登録は、おそらく最も重要な関心事の一つでしょう。適切なドメインは真剣さを示唆しており、ホームページのトレードマークとなっています。したがって、ドメインの登録と選択は細心の注意を払って行う必要があります[...].

デニック

DENICはトップレベルドメインの管理という重要な仕事を担っています。まず第一に、これはドイツで登録されたトップレベルドメインに関するものです。これらは主に.deドメインです。この組織はフランクフルト・アム・マインに本部を置き、対応するドメイン所有者についてそこに収束するすべてのデータを保持しています。特にドイツの組織は、誰でも利用できる技術的なサービスを提供しています。現在、1,600万以上のドメインが中央レジストリに登録されており、市場全体の中で大きなシェアを占めています。DENIC自体は2017年で21年目を迎え、その真面目さとプロフェッショナリズムが際立つ。何よりも、それは[...]なしで動作します。

ドメイン

ドメインとは、見る人にまとまりのあるサイトとして見てもらうことです。表面的には、インターネット上で独自の名前を持つ領域です。独立したリンクアドレスで認識できます。独自ドメインを作成することで、あなたのサイトの名前をより効果的に広めることができるだけでなく、あなたのサイトの訪問者にはより真剣な印象を与えることができます。独自ドメインのセンス 今の時代、独自のホームページはそれほど難しいものではありません。プロバイダの数は数え切れないほどあり、それぞれがサーバーやソフトウェアの機能や可能性について、異なる特徴を提供しています。これらのうちどれが必要でどれが必要ないかは、主にあなたの[...]の方法に依存します。