検索エンジン最適化のための人気プラグイン

ヨーストSEO は検索エンジンに最適化する能力を持っています。このプラグインは、あなたとあなたのチームで使用することができます。その後、あなたのチームは、コンテンツを分析し、以下に基づいて最適化することができます。 ヨーストSEO テキストや記事を最適化する提案提案やヒントへのアクセスをチームの1人が拒否することは可能です。

特定のユーザーのためにYoast SEOを無効にするには?

ブログには4つの役割を割り当てることができます。管理者、編集者、執筆者、投稿者。これらの4つの役割は ワードプレス を有効にしたり、無効にしたりすることができます。どのユーザーにどのロールが割り当てられているかをメモしておく必要があります。それぞれの役割に責任があるからです。おすすめは、コンテンツの削除や変更が可能なので、記事やブログごとに管理者は1人だけにしましょう。したがって、このユーザーは不正行為を提示すべきではありません。また、4つのロールのそれぞれが ウェブサイト.
管理者は記事やブログの完全かつ無制限の所有権を持っています。そのため、管理者はコンテンツやテキストを変更したり削除したりする完全な権利を持っています。また、管理者はコメントの作成や編集はもちろん、削除、トピックの選択、設定の管理、テキストのインポートなども可能です。また、管理者はブログや記事全体を変更したり削除したりする完全な権利を持っています。そのため、管理者は1人にすることをお勧めします。
編集者の第二の役割は以下のような仕事があります。エディターは、サイト上のすべての投稿を閲覧、公開、削除、編集することができます。コメントはモデレートが可能で、カテゴリは管理されています。エディタでは、リンクの管理やファイルのアップロード、写真のアップロードなどもできます。

販促物
著者の第三の役割は、編集者のそれよりも権利が少ない。作者は自分の投稿を変更、公開、削除することができます。作者はファイルや写真をアップロードすることもできます。作者はページの編集、ページの追加、ページの削除はできません。
従業員は、第4の役割を果たすべきであり、割り当てられる可能性がある。従業員は自分の拠出金を変更することはできますが、公開することはできません。従業員が拠出を完了した場合、この拠出金は 管理者 をチェックしました。投稿が承認されて公開されると、従業員はそれを編集することができなくなります。従業員がファイルや画像をアップロードすることはできません。
それがYoast SEOの仕組みです。仝 SEO 解析はもちろん、読みやすさの解析も個人で有効にすることができますが、無効にすることもできます。個々のユーザーを無効にしたい場合は、WordPressサイトのダッシュボードの「ユーザー」をクリックする必要があります。

個々のユーザーの利用を停止する

WordPressサイトのダッシュボードでは、これで個々のユーザーを選択できるようになりました。そこでは、各ユーザーに新しいロールを割り当てることができます。また、一度ユーザーをクリックすると、下にスクロールして解析や解析の可読性を解除することができます。Yoast SEOで検索エンジン最適化を行っても良いのか、テキストの可読性を制限すべきなのかは、互いに独立して判断することができます。

全てのユーザーがメタボックスを使用しても良いのでしょうか?

テキストエディタにアクセスできないユーザーは、メタボックスを使用することができません。ユーザーがテキストエディタにアクセスできる場合は、メタボックスを使用する可能性もあります。これは、ユーザーがどの役割を割り当てられているかに依存します。メタボックス用のWordPressサイトでは、個別のユーザーを無効化することも可能です。ヨースト SEOメタボックス そのため、個々のユーザーに対してロックをかけることもできます。

貢献度を分けてください
facebookでシェアする
twitterでシェアする
linkedinでシェアする
pinterestでシェアする
whatsappでシェアする
telegramでシェアする
最新の投稿

Youtubeチャンネルのおすすめ動画